ヒゲがそこまで似合うとは言えない日本人男性

ヒゲや無精ヒゲがファッションの一つとして似合う日本人男性というのはごく少数であり、多くの人は正直ヒゲはあまり似合いません。
日本人というのは外国人とは肌色が違うためにヒゲが目立ってしまうからなのです。
男臭い人の場合、ヒゲを伸ばすことで似合うかもしれませんが、そもそも日本人というのは多くの人がヒゲが無いことで好印象となります。
ファッションの一部としてヒゲを伸ばす場合におきましても他のヒゲが濃いとバランスが崩れてしまうので注意してください。
脱毛エステを利用するのも良いですが、今では安心安全に利用出来る家庭用脱毛器が人気となっています。
これまでの家庭用脱毛器とは比べ物にならない正確さと安心感があります。ヒゲというのは、1日に平均0.2mm〜0.4mm程度伸びていくこととなります。
このヒゲというのは男性の象徴とも言えセクシーに見えることがありますが、ヒゲが濃くなってしまうと不潔なイメージが出てきますので注意しましょう。

 





ウォーターサーバーチェック
URL:http://xn--2014-4k4csa8ftdvh3rbbb4015ltphyz1cvvi0rm69wvvs4o1b.com/
ウォーターサーバー




フレッツ光トクするランキング2014の案内
URL:http://xn--2014-483col9hnam9pla2c0kllkb9hb0110mm9od8qf.com/
フレッツ光トクするランキング2014ドットコム


ヒゲがそこまで似合うとは言えない日本人男性ブログ:20年08月27日

わが家では父母とお子様の間で
連日、挨拶をきちんとすることを、
目標の一つにしています。

家では妻がリーダーですから、
お子様に何かしてやったときには
必ず「ありがとうは?」と迫っていて、
やがてみんなが
「ありがとう」と言わされるようになりました。
 
ところがあるとき、
わたくしは家で
「ありがとう」としか言っていないことに気が付きました。

大きなお子様として
妻の世話になっているばかりであったということです。

「ありがとう」は
何かしてもらったときの言葉で、
待っている言葉です。

一方、妻は何と言っているかというと、
「どうぞ」なんです。

世の中は持ちつ持たれつだと言われていますが、
「どうぞ」と言う人がいるから
「ありがとう」と言うことができるんですよね。

ギブアンドテイクが社会における基本的な人間関係ですが、
考えてみれば常にギブが先なのです。
 
お子様は父母の働く後ろ姿を見て育っていくわけですが、
それは「どうぞ」と言っている姿です。

父母とお子様が向き合って、
お子様がいつも父母に「ありがとう」と言っているしつけ方では、
お子様はテイクすることしか身につきません。

父母の後ろ姿を見て、
父母のまねをするようにし向けるしつけが無くなっているようです。

プリーズとは、相手を喜ばせるという意味です。
家族がお互いに相手に喜んでもらおうとするとき、
温かさが醸し出されます。

みんなが「ありがとう」としか言っていないなら、
家族はつながりようがなくなります。

社会人であるためには当然として、
家庭で父親として主人としての処し方を振り返える
キーワードが見つかりました。

妻が「ありがとう」と言えるように…

ホーム サイトマップ